知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方

クレジットカードの海外事情を考察していくサイトである。

シンガポールの場合

中国ほどではないが

中国のような国内独特のカードしか使えないようにしている国、と言うのは正直言って世界でもかなり珍しいケースだ。中国としても既存のブランドよりかは、デビットカードの銀聯カードを発行して中国の銀行にお金を入れてもらえる、そういった点を見越して銀聯カードを作ったと考えたほうが一番しっくり来る。ただ非常に稀なケースであることに変わりはないため、VISAとMASTERの2枚を持っていれば大半の国や観光地として有名な地域でのクレジットカードは出来るようになっている。利用できない、というのは実は面白い観点と思っている人もいるだろう。使用できるところを前提に探してもお馴染みの結果しか出てこないが、全く正反対の使用できるかどうかも分からない国となったらその国独特の習慣などを理解できるかもしれない、なんて見方もできる。

そんなクレジットカードを使用できる国、あくまで日本人が観光してもいいと外務省から推奨されている所に限定して、メジャーなところにするため、マイナーな地域はここでは割愛させていただく。そんな海外旅行先でクレジットカードを利用できるところ、主にVISAとMASTERを軸として話をしていこう。最初に取り上げるのは『シンガポール』だ。アジア圏でも人気の観光国として知られているシンガポールだが、『シンガポール=マーライオン』という間違ってはいないが何かが違う偏見を持っている人もいるだろう。

この国でクレジットカードについてはどのように見ているのか、また主要カードが利用できるのかということについて話していこう。

おすすめクレカ

携帯をレンタル出来る弊社では各携帯電話会社が契約した携帯電話端末をお客様にお貸しするサービスです。 法人様向けのお得なサービスも充実しております。 また自身で端末をお持ちでしたら回線のみの利用も可能となっています。
創立記念、設立記念に名前入りボールペンが欠かせません

シンガポールでも

経済発展国としても名高く、近年でも世界経済において影響力を及ぼすようになっていると言われているシンガポールでも、クレジットカードを利用するのは日常的となっている。それこそVISAとMASTRについては問題なく、よほどの個人営業や屋台といったところでない限りは問題なく利用できるという。仮に屋台で出来るようになったらと考えたらどれほど便利かとなるが、それは日本でいうところの同人イベントで個人頒布でカード利用を何とかしろといっているようなものだ。それが出来たらどれほどいいかと考えた人もいるかもしれないが、カードの管理にしても個人情報などといった精密なものを個人で扱うにはリスクが高すぎるため、得策とは言えない。

そんなシンガポールだが、ここも日本人観光客からすれば頻繁に訪れている。そのため何かとカードが使えたらいいと思っているが、やはりVISAとMASTERの2大体制に叶うところはない。JCBもいくらか使えるところはあると言われているが、限定的であるため持って行ってもあまり活用できないと言われている。

実は見どころがある

シンガポールでのクレジットカード利用についてもそうだが、実は中国の銀聯カードが地味にその存在感を高めているというのだ。それもJCBなどとは比較にならないスピードでシンガポール国内でも認められるようになっており、利用できるところも急激にその数を増しているという。中国の銀聯カード、中国国内だけで考えると契約したところで利点は特に得られないと感じている人もいるかもしれないが、実は世界的な視点からしたら銀聯カードを持っていれば中国国内に限らずデビットカード利用ができるとなれば、契約してもいいかもしれない。

まさかの銀聯カードだが、最近の中国だからこそ他国でカード利用の価値が急激にその真価を発揮するまでになっている。

海外で使えるカード

2~3枚がオススメ

このように、シンガポールでもVISAかMASTER、また最近の中国経済に倣ってこの機に銀聯カードを作ってシンガポールで使用する、なんて言うのもアリとなっているので、面白い。日本で生まれたJCBが恐ろしいほどに狭義の世界でしか使用することが出来ない、日本独自の国内ブランドと言われているのも分かる気がする。世界に発信するブランドとして展開している割には、どうにも弱い。中国の銀聯カードよりも先に生まれているにも関わらず、このような結果になってしまったのは日本のカード意識が世界からすれば欠けているというのも原因だろう。

色々と言っているが、兎にも角にもシンガポールへ旅行する際には、クレジットカードはVISAとMASTER、もしくはデビットとして銀聯カードを持って行くと良いだろう。

知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方