知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方

クレジットカードの海外事情を考察していくサイトである。

使えるカードが限られている国も

所持しているカードが使えないことも

海外利用でクレジットカードを利用する際、日本でいる時と変わらない感覚で使用することは出来ない、というのが何となく分かってもらえただろうか。今やあちこちで海外でカードを使うことを見越したサービスなども展開されているため、なおさら国内だけではなく海外旅行をする際にもクレジットカードを利用するとなったらカードの信用面やサインなどの重要性、そして万が一被害にあった際の補償内容と手続きに関してと言ったことまでを、改めて調べなくてはならない。日本で裏面にサインをしていたら不正利用されてしまう、なんて言っていたがために海外で紛失した結果、ありえない金額を請求された上に、被害にあったかどうかも定かではないと判断されてしまったら、その負債を全て自分で支払わなくてはならない。契約者は自分だと証明する手立てはほぼ皆無と言っていい、裏面のサインとはそれほどに重要な意味を持っており、本人だと証明するためにも無記入カードの利用は今すぐにでも止めた方が懸命だと、その事を理解してもらいたい。

クレジットカードについて話をしているが、今自分が使用しているカードが海外でも使用出来ると信じて疑っていない人ももしかしたらいるかもしれない。だが実は契約しているカード会社によっては国内利用だけで、海外で利用できるのは一部、もしくは全く利用できないといったこともあるのをご存知だろうか。この点もクレジットカードの知識が偏っている日本人ならではの問題なのかもしれない。先に紹介したアメリカやイギリスでもそういったクレジットカードの利用ができないリスクは付いてくる。

海外での利用もいつかあるかも知れないと想定すると、契約した方がいいクレジットカードは限られてくる。この点を理解しておくと、いざ渡航先でカード利用をする際に困ったことにならないので、紹介していこう。

おすすめクレカ

明日への扉『明日への扉』はアットホーム。世界に誇れる美しき日本文化を受け継ごうと若い職人さん達ががんばっています!こうして先代から私たちの世代へ、そして私たちから後世へと伝統は引き継がれていくんですね。

このカードを持っておくと良い

日本でも数多くのカード会社が存在している、中でも『JCB』・『VISA』・『MASTER』の3社が業界の中でも一番の信用を勝ち取っている。この3つであれば問題無いと考えている人もいたとしたら、この中に一つだけ仲間はずれが存在している。どれかというと、『JCB』だ。JCBは確かに日本では有名な会社だが、世界としてみるとマイナーカード会社と見なされてしまう。その理由には、このカード会社が日本から生まれたものだからだ。それだけの理由とは言うが、そもそもカード払いという概念が存在しなかったというだけで、カード業界からすれば日本は発展途上国とばかりに見下されているのだ。そのため、海外旅行先で使用するカードとなったら後に紹介したVISAとMASTERのカードを所持していたほうが都合がいい。

VISAとMASTERはそれぞれ世界的な有名カードブランドとなっているため、持っているだけで使用できる場所は広い。JCBも使用できることは出来るが、それも日本人観光客や日本人街といった限定的な場所でしかないため、利用性は非常に低くなってしまう。だがカード一枚ではやはり心もとないため、持って行くならVISAとMASTERの両方のカードを持っていったほうが良いと言われている。

それぞれのカードには勿論特徴も存在しているので、海外旅行を前提にして考察していこう。

VISAの場合

まず最初に、宣伝でも有名な『三井住友VISAカード』と言われるくらいに有名なVISAについてだ。個人的にはVISAと言えばファッションビルとして若者に絶大な人気を獲得しているマルイが発行している『エポスカード』ではないかと感じるが、これは人それぞれだろう。ただVISAといっても日本で発行するとしたら、関連カード含めてなんと同じ会社のカードの種類は1000以上あるという。そのため、先に紹介した2つのカードが必ずしもいいとは限らない、もしかしたらどちらも海外利用はそこまで想定されていないかもしれないからだ。

VISAカードを契約する際、海外で利用する可能性を鑑みた場合にあるとなったら、選ぶ基準としては補償内容などが充実しているところを選択しよう。契約して海外へVISAを持っていけば主要な国では問題なく、どこでも使用できる。ある意味万能なカードといえるだろう。

海外で使えるカード

初心者にもわかり易い様に人気のレンタルサーバーを種類別に比較検討できます。

MASTERの場合

次にMASTERカードについてだが、実はVISAよりもこちらのカードを所持している方が海外利用の際にはとても便利だと言われている。利用できる国の数は世界主要国はもちろんのこと、ちょっとマイナーで発展途上国となっているところでも、場合によってはVISAよりも利用できるところは多いという魅力がある。その数、地域も合わせれば200以上にも上ると言われているため、まずはこちらのカードを持っていたほうが良いと素直にオススメしたい。

使用できる場所にしても、観光客が訪れる場所である施設ではほぼ間違いなく利用できるようになっているので、海外旅行を控えてMASTERカードを持っていないという人がいたら、渡航前に一枚は契約しておこう。その際にも事前に補償内容などを確認して契約しておくことも忘れずに。

両方共持っていた方がいい

VISAとMASTERの2枚、どちらが一番使用出来るかと話をしたらMASTERとなっているが、先に話したがカードは複数枚所持していた方がいいと言われている。その中でもVISAとMASTERの2枚なら何処へ観光しても利用できないといった問題が立ちふさがることはないので、今後海外へ旅行することを考えているカードを持っていない人がいたら、契約しておくと楽しい旅行となるだろう。

知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方