知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方

クレジットカードの海外事情を考察していくサイトである。

イギリスでのクレジットカード利用

伝統溢れる国でも、経済は現代道理で成り立っている

では次にこちらも日本人観光客にとっては一度は訪れてみたいと長年言われ続けている国、イギリスにおいてのクレジットカード事情について焦点を当ててみよう。イギリスにおいてもクレジットカードを利用するのは当たり前となっているが、それと同じくしてデビットカードの使用も同様に利用されているという。やはりアメリカと同じなのかと思うかも知れない、似ているところはこうした部分妄想だが、チップを支払うというのもイギリスでは礼儀となっている。それについては先に話したようにクレジットカードで支払えるケースも有るため、現金は必ずしも持たなくても良いと言うわけではないので、その点は留意しておこう。

しかし、イギリスにはイギリスのクレジットカードとデビットカードに対する見方がある。また現金の取り扱いについても日本人が注意しなくてはならないこともある。特に問題とするべきなのは後者の、現金についてだ。クレジットカードやデビットカードを主流として観光するとしても、やはり現金はいくらか持ち歩いていた方がいい。ただその場合だと、何も悪いことをしていないのに、何故か現金を提示しただけで買い物することを認めてくれないというケースも有るというのだ。

いくら海外とはいっても現金利用はダメだとはおかしな話だ、そう捉えてしまったらやはり日本人らしい考え方として捉えられてしまう。ここでは文化、というよりはイギリスならではの紙幣・貨幣に独自の事情が絡んでいるためとなっているからだ。こういったことを理解しておくと、これからイギリスを旅行する人にはお得な情報とも言えるので、紹介していく。

おすすめクレカ

イギリスの紙幣で注意したいこと

イギリスでの旅行でクレジットカードやデビットカード以外に、現金も両替して持ち歩いておこうとする考え方は間違ってはいない。チップを渡す際ためのものだったり、非常時代においての利用といったように、交換することで何かしらに備えておくためだろう。だがこの時、もしも交換した紙幣の中に『50ポンド』が紛れ込んでいた場合には、早急に10もしくは20ポンド紙幣へ両替するようにしよう。

正式に発行されているものだから問題ないはずなのだが、イギリスの人々からすれば日本人のような外国人旅行者が50ポンドなどといったものを出してきた場合には、偽造紙幣だと疑ってかかるのだという。その証拠に、受け取ったら紙幣を本物かどうか判別するためにチェックされてしまい、最悪買い物を拒否されてしまうというのだ。

イギリスの人々にとっては50ポンドとは市場的に流通しない、滅多なことで手にしないとまで言われている紙幣だという。日本で言うところの『2,000円札』のようなものだ、これがもし日本で明らかに外国人が2,000円札を出してきたら真っ先に疑問を抱いたほうがいいかもしれないと、そういうことだ。ただでさえ普段目にすることのない50ポンド、それを日本人観光客が持って出しても本物とみなしてくれるケースはないという。そのために50ポンドを両替したほうが良いとしつこく紹介している。日本円でおおよそ10,000円くらいとなる紙幣だが、日本でよく見かける光景もイギリスでは滅多に見ないため、大きいお金だから一緒に持って行こうとしたらかえって使えないかもしれないので、注意しよう

カード利用について

紙幣や硬貨といったものについては最低限持っていくのもイギリスでの観光では当たり前と考えていい、やはりこの国でも支払いの中心になるのはクレジットカード、そしてデビットカードだ。アメリカではクレジットカード1本となっているが、イギリスにおいてはこの2つのカードを利用した生活が当たり前となっている。利用範囲もスーパーでの買い物は勿論、地下鉄の切符やコンビニの買い物といったところまでをカードで賄っている。

切符や細かい買い物などはデビットカードを利用するのが英国人らしいところかもしれない、見方によってはスタイリッシュとも取れるはずだ。現地の人々も基本現金を持ち歩かない人ばかりとなっているため、クレカとデビットの2枚を所持して外出しているため、ここは日本人観光客も参考にしたいところだろう。

海外で使えるカード

こんな所に注意したい

アメリカでのクレカ使用で注意するところがあると話した、それはイギリスにもおいても固有の問題がある。暗証番号入力でサインの手間が省けるICチップ付きカード、これを使用する際には日本と同じくテンキーが付いた装置に挿入して使用することになるが、読み取れないこともある。そうした場合には利用を断れてしまうこともあるため、通常の磁気カードを含めた物を持参しておくといいだろう。

ただ磁気カードは磁気カードで、レジで読み取った後に身分証明としてパスポートの提示などが求められるケースも有るため、身分証明が出来るように持参しておかなければならない。国によってクレカやデビットの利用方法も異なっているため、旅行の際にはそういった部分まで調べておこう。

知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方