知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方

クレジットカードの海外事情を考察していくサイトである。

アメリカのクレジットカード事情

カードがないと話にならない旅行先の代表

ここで少し具体的な国名を挙げて渡航先でのカード事情を見てみよう。まず最初に挙げるのは先程から何かと話題にも挙げているアメリカについてだ。アメリカほどクレジットカード大国と言われているような国はないとまで言われているほど、全米何処でもといわんばかりに利用できる店舗はそこかしこに存在している。それこそ個人で経営しているような店舗でもなければ、大手チェーン店とし展開しているような場所ではクレジットカードでのやりとりが当たり前と言っても過言ではない。これは日本人視点としても、カルチャーショックを受ける場面ではなかろうか。日本でもクレジットカードが普及し、スーパーなどへ訪れてもクレジットカードを使用している人を見かけはするようになった。だがアメリカの場合では買物をするときの基準にクレジットカードが大前提として挙げられる、小さい買い物から大きい買い物までと考えていい。対して日本では逆に、大きな買い物ではクレジットを使用するが、何百円~何千円単位であれば現金で支払うのが当然といえる。こういう点でも日本と海外でクレジットの利用方法が異なっている点だと言えるだろう。

そんなアメリカでも、クレジットカードがあれば現金を持ち歩かなくてもいいとまで言われており、同時に信用面においてもクレジットカードほど信頼できるものはないと見なされている国でカードを使用した場合について考えてみよう。

おすすめクレカ

リノベーションってご存知ですか?改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることです。京都 リノベーション http://www.kyo-reform.com/古くて借り手が決まらないお部屋はリノベーションがおすすめです!

現金そのものは持ち歩かなくていい、訳ではない

クレジットがあれば現金は必要ない、そう言われている風潮もあると話したが、その考えは完全に誤りであると告げておく。どうしてかと、先ほど筆者自身の言葉を否定することになるが、それこそ『日本人視点』で物を語っているからこうした差異が生まれてしまったのだ。よく考えてもらいたい、アメリカと日本ではそもそも文化が異なっている。それはつまり、日本では馴染みはないかもしれないが、アメリカでは当然のように行われている行為と言うものがある。それは『チップ』の存在だ、何かとお世話になった人に対して謝礼金を支払うのがルールとまで言われているアメリカで、現金を持ち歩かないでいると反感を買ってしまう。チップの支払いなんてしたくないと思っている人もいるかもしれないが、これがもらえないだけで本来してもらえるはずのサービスしてくれないなどの不遇を受けることになってしまうこともよくある話だ。

アメリカらしい文化となっているため、ここのところを知らないで旅行へ向かってしまうと面倒なことに巻き込まれてしまうこともあるという。チップ1つで大げさだというのは日本人だからこその考えであって、アメリカで働く人たちにとってはそんなチップも日々を生き抜くために必要な生活費として加算しているので、文化の違いと了承するしかない。

レストランに限っては

ただレストランの利用に限ってはチップを現金で支払う必要はない。払わなくていいというわけではないが、そんなときでもクレジットカードで払ってしまえるという点がある。レストランで食事した合計金額に上乗せする形でチップを払うということだ、こうすればクレジットカード一枚で十分となる。

勿論注意しなければならないのは、提示されたレシートに必ずチップと合計金額を記載しなければならないという点だ。レシートに金額を明記しておかなければならないのは、無記入で渡してしまうと店側が独断でチップの金額を記載してしまうという。本来チップとは利用した合計金額の『15%前後』渡すのがマナーとなっているため、最悪謝礼どころの話ではないチップを支払う羽目になってしまうからだ。レシートは必ず自分用に控えとしてコピーして、そちらにも同様に金額を記載すればある程度の証明となる。

法外な金額を支給されそうになっても、控えが証明となるので忘れないようにしよう。

海外で使えるカード

スキミングにも注意を

アメリカのようにクレジットカードがあればそれだけでいいという国は世界各地に存在している、それはひいては犯罪に巻き込まれてしまう可能性も含まれているという点もよく理解しておこう。とりわけクレジットカードが偽造されるなどの事件で被害を被る可能性があるのは、スキミング被害だ。海外でこうしたスキミング被害によって多額の被害額を被ってしまったと体験した人も多いはず、クレジットカードが普及した分だけの功罪がこんなところに現れている。

絶対と保障することはできないが、されにくくするためにはどうしたらいいのかというと、やはり人の目につきやすいところでの使用が一番だ。逆に人の多さで犯罪が起きやすいのではないかと言われてしまうかもしれないが、そもそも犯罪に合わないためにはどうしたらいいのかというほうが述べることなど出来るはずもない。こればっかりは注意する、そのくらいしか言えない。クレジットカード大国だからこその文化的性質や問題点もあるため、利用する際にはそういったことも全て引っくるめて理解しておこう。

知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方