知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方

クレジットカードの海外事情を考察していくサイトである。

無い方が考えられない

海外でのクレカ使用は推進されている?

日本でクレカを所持している人の多くが間違った偏見に躍らされて危険な状況に陥っている、今でもそんな感じだ。そのためこちらが間違ったことを言っているわけではないのに、自分理屈と何処で仕入れたか分からない持論を展開して駄々をこねる。なんとも言えない構図だが、こういったやりとりは接客業をしたことがある人は誰しも経験しているのではないか。筆者でさえ、こんな体験を数回以上も見て対応し、その都度ブツブツと文句を吐かれるなどされていた。その都度閉店後にはこんなことがあったと話すと、全員から危機感がなさすぎなんだよと話していたものだ。

まさしくその通りなのだ、だがカードの裏面署名の重要性は日本では軽んじるような見方がされているように見えるが、実際にはその重要性を規約に記されている。読んでいない人が大半だろう、それくらいこの国では『信用』というものが欠けていることも見えてくるため、嫌になってくる。

こうした状況なのに世間ではクレジットカードを持とうと推奨されている、それも日本国内だけではない海外でも使用すればこれだけ便利だなどとも持ち上げられている。ただこうした便利を存分に味わえるのは、キチンとクレジットカードがどういうものなのか、署名の重要性がどれほどのものなのかというのをキチンと知っているのが前提の話だ。意識の足りない日本人だと、損などというレベルの話ではない大火傷を背負ってしまう可能性が高い。

そもそも海外で利用すればお得だと言われているのはどうしてか。クレカ使用が当たり前になっているのはいいとして、それ以外の利点としてあげられている点を取り上げてみよう。

おすすめクレカ

こんな利点がある

海外でクレジットカードを利用する際には、日本とは違って使いやすさがあると語っている人もいる。一体どうしてそんなことを言うのか調べてみると、確かに複雑化されている日本の会計システムと比べたら、使いやすさが出ているのが滲み出ているのも頷ける。主に、

  • 支払い方法が決まっている
  • 支払いレートが自動的に海外のレートに合わせてくれる
  • 万が一の補償が充実している

といった点が一番叫ばれている。

個人的に気になったのはやはり支払い方法とレートという点だ。前者については海外の場合、基本的には『一括』か『リボ払い』のどちらかとなり、所有するカードによってはそれぞれの支払い方法だけとなっているという。分割払いをするというのは海外では考えられないのだろう、そういう意味では日本とは違う仕組みといえる。後者のレートについては、面倒な日本円から使用する国の通貨に合わせて、わざわざ確認・計算といったことをしなくてもいいという点があるのは、海外旅行者視点では無理なく使用できるので良いといえるだろう。

最後の補償については当然のサポートなので利点として考えるべきではないのだが、カードの種類によっては補償の範囲が異なっているため海外での使用を前提にいれているのであれば、その辺の仕組みをきちんと理解しておこう。

海外で使えるカード

地震に強い輸入住宅 東京。坪24万円台から。

サインについて

最近のカードだとICチップが内蔵されているものも普及している。これがまた便利だから、不正利用されにくいからとしてなおのことサインというものの重要性を台無しにしてしまっているのだが、海外の場合ではサインは必ずと言って求められるケースが殆んどだ。信用があるからこそカードを使用するのだろう、これが海外の人にすれば当たり前の考えだ。中にはよく理解していない人もいるため違いはあるものの、サインをしなければならなくなったら当然裏面にサインがなくてはならない。

ここでだ、もし日本人理屈の不正利用されないからこれでいいんだと突っぱねようとしたとしよう、その時点で門前払いされて買い物そのものを拒否されてしまう。その前に英語が喋れないなら会話どころの話ではないのだが、サインの重要性が出て来る。

この時、日本語で裏面にサインをしていたら英語表記をしなければならないのかという疑問も出るだろうが、基本は裏面に記載されているサインを記せばいい。ただ海外だと当然日本語を理解できる人ばかりではないため、日本語と併用して英語表記のサインも記しておくと良いと言われている。その場合、パスポートに記されているサインに倣ってくれと言われる場合もあるとのこともあるそうなので、対応については臨機応変といったところだ。

便利だが、こうして見てもらえれば分かるようにクレカ使用を自分理論で使っている人が渡航した場合、買い物がろくに出来ないなんてことになりかねない。サインが重要と考えているのは海外では大原則となっているので、していない人は署名するようにしたい。

知っておこう、日本とは違う世界のクレジットカードの使い方